電池の向き、間違えても安心 MSが新技術を開発

米マイクロソフトは1日、電池プラス極とマイナス極の向きを逆にしても問題なく使える端子技術「InstaLoad」を開発したと発表した。

「警察、軍、建設業やアウトドアスポーツ、キャンピングなど、さまざまな分野で時間の節約に役立つ」とマイクロソフト。複数の電池を頻繁に交換しなければならないデジタルカメラやカメラのフラッシュ、玩具などにも便利だとしている。

誰もが何となく感じていた不便さですが、どちら向きに入れても使えるという発想は無かったな。多分、小学校で習った、プラスとマイナスを逆にしてはいけないという原理がトラウマになっていたかも。

普通の人が、思いもつかないことを考えるのが、科学者のすごいところですね。でも、この電池、電池同士を逆向きに直列でつないでも大丈夫なのかな。だめだと、ちょっといまいちかな。

電池は、韓国語では「전지」。漢字語です。
プラス極とマイナス極は、「플러스극과 마이너스극」。英語プラス漢字語です。
アウトドアスポーツは、「아웃도어 스포츠」。英語です。
キャンピングは、「캠핑」。英語です。
デジタルカメラは、「디지털 카메라」。英語です。
トラウマは、「트라우마」。英語です。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック