S&P、日本国債を格下げ 「民主党政権に戦略なし」

米格付け会社スタンダード&プアーズ(Standard & Poor's、S&P)は27日、日本の財政赤字は今後も拡大を続けるとの見通しから、日本の長期国債の格付けを「AA」から「AAマイナス」に下げたと発表した。

菅直人(Naoto Kan)首相は24日、6月末までに社会保障制度と税制の抜本的な改革の基本方針を示すと述べていたが、S&Pは「民主党(Democratic Party of Japan、DPJ)政権には日本の財政赤字の悪い側面に対処する一貫した戦略が欠けているように思われる」としている。

S&Pの発表を受けて為替相場は円安に動き、一時1ドル=83円台をつけた。

コンサルタント会社キャピタル・エコノミクス(Capital Economics)は顧客向けのレポートで、今回の格下げについて「2011年は日本の切迫した財政問題が国内外の市場に打撃を与える可能性があるという、われわれの懸念を補強するものだ」と説明した。

大和総研(Daiwa Institute of Research)のエコノミスト、渡辺浩志(Hiroshi Watanabe)氏は、民主党は財政規律を口にする一方、大規模で意欲的な政策は実行していないと指摘し、日本政府の財政政策は信頼されていないと言う。

今回の格下げによって、日本政府が国際金融市場から資金調達する際の金利負担が増える可能性があるが、日本国債の約95%を国内の銀行や年金基金が保有しているため、日本は当面の財政は維持できる。しかし高齢化が進んで貯蓄が減れば、この状況は変わる可能性がある。

アナリストの間では、消費税増税と社会保障費の削減が対策の1つとして挙げられている。(以上記事全部抜粋。)


この件については、発行残高の90%超を日本国民が所有すること(とりあえず外貨の引き上げあっても影響は少ないということ。)、国民の持つ金融資産に占める国債の比率が、一定の範囲に収まっていることから、それほど心配することはないと思います。

ただ、今回のような格下げにより、国債に対する不安が嵩じて、発行残高の90%超を所有する国民が、国債を売りに出せば、国債価格は低下し、金利は上昇し、国の公債費が膨らみ、財政再建に影を落とす心配はあります。

このためにも、財政再建は
喫緊の課題です。記事の最後の方に、処方箋として社会保障費の削減がありますが、公的部門で働く私の体感から言えば、社会保障費に手をつける前に、まだまだ削れる歳出項目はあると考えています。新たな社会資本の整備など、本当に必要なのかよく吟味する必要があると思います。

それにしても、日本国債の格下げについて、菅総理が、「このことについては
疎い」と述べたことには、開いた口がふさがりません。こんな人が、日本の総理とは。歳出削減や職員削減について、国に率先して(このことは余り知られていませんが。)取り組んできた地方公共団体にとって、全くふざけた発言です。もちろん国民にとっても。

ところで、「
疎い」について、菅総理は、「国債の格下げ情報が耳に入っていなかったことを表現した」旨、弁明していますが、「疎い」は「情報が入ってこない」ことを言うのでなく「入った情報を頭で処理出来ない」ことを言うんじゃないかなと思います。変な言い訳はみっともないですよ。


スタンダードは、韓国語では「스탠더드」。英語です。
為替相場は、「환시세」。「換時勢」の漢字語です。
アナリストは、「애널리스트」。英語です。
喫緊は、「끽긴」。漢字語です。
処方箋は、「처방전」。漢字語です。
吟味するは、「음미하다」。漢字語です。
疎いは、「어둡다」。固有語です。





この記事へのコメント

通りすがりです
2011年01月30日 13:25
 スタンダード&プアーズという会社は、ブッシュ前大統領や小泉元総理のような、成果主義者の仲間?と思ってしまいました。
 なぜかと言えば、日本の自民党が国会でやっている、「重箱の隅を突付いて、決め付けで民主党政権の悪口を言う」という行動と、同じようなことをやっているからです。(日本が借金大国になったのは、自民党政権のせいで、今に始まった話ではないのに。それに、スタンダード&プアーズは、民主党政権の政策にケチをつけてますが、明確な根拠が示されている訳ではないようです。それなら、ただの悪口ですよね。)

 大体、アメリカの格付け会社というのは、どこまで信頼できるのか?
 アメリカの格付け会社がしっかり仕事をしていたら、サブプライムローンの焦げ付きも、リーマンショックもなかったのでは?
 もしかしたら、スタンダード&プアーズは、国政や庶民の暮らしを忘れて解散を叫んでいる、日本の自民党の応援をしたくて、わざとこじ付けの理由で、日本の国債の評価を下げたのかも?そんな想像までしたくなってしまいます。

 自民党贔屓のスポンサーに、札束で横っ面を張られているらしい、多くの日本のマスコミが、この問題を大きく扱い過ぎている感じがするのも、そう考えたくなってしまう理由になってます。

 民主党政権は、色々な妨害を受けているようで、大変だと思いますが、サッカーのジャパン代表のように、逆境に負けず、日本のため、庶民の暮らしを守るため、良い予算案を、適当な時期に、しっかり議決して欲しいと思います。
 心から願い、応援しています。


追伸  菅総理は、鳥インフルエンザ対策等で、睡眠時間も十分とれないぐらいお疲れのはずですが、庶民のための政治のために、頑張って欲しいです。期待しています。

この記事へのトラックバック