日本の製造業はそんなに強いの

大震災で被災した企業が生産する製品が、世界シェアが高いことから、世界的供給不足をもたらし、世界中の工場が生産中止や操業短縮に追い込まれています。そのため、日本の製造業は、凄いという報道があります。

確かに、日本の製造業の力はあなどれません。震災で傷ついた日本人には、希望の星です。これを全く否定するつもりはありません。

ただ、世界経済には、国境がありません。世界的分業によって、世界全体として最適生産(完全な自由貿易を前提としますが)が行われるというのが経済学の基礎です。

あまり、日本の製造業は強いといった幻想にとらわれ、自由貿易の重要性から目をそらすといけません。代替品の供給は、世界のどこかで始まる可能性があります。日本の復興を待つほど、経済は甘くありません。

そいった意味からも、菅政権には、比較優位産業が育ちやすい復興ビジョンを作ることを望みます。復興を口実に、保護的政策をとらないことを望みます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック