中部電の浜岡原発停止表明「大変よかった」 何がよかったんだか?




中部電力は、会長が産油国まで飛んで、火力発電所の燃料確保に奔走したり、東海地方の経済に与える影響を分析したりと、原発を止めるにあたって実に様々な準備をし、苦渋の決断をしたわけです。

これは、一企業でなく、政府がやるべきことですよ。菅さんの原発停止表明は、経産省幹部も知らず、表明にあたって十分な検討をした様子はありません。パフォーマンスと言われるゆえんです。

30年以内に、87パーセントの確率で地震がおこると、菅さんは、最近分かったように言っていますが、これは、あまり事実を知らない多くの国民に、原発停止を納得させようとする、意図的発言にしか思えません。

30年以内に、87パーセントの確率で地震がおこるなんてことは、自治体職員である私でさえ何年も前から知っていましたよ。大地震は、日本のどこでも、いつでも起こりえます。1000年に一度の地震(この確率は、限りなくゼロだったはず。)が起きてしまったことを考えれば、確率の高い低いなど問題ではありません。

この事実は、菅さんたち民主党が政権をとってから分かった事実ではありませんよ。危ないからとめるんなら、菅さんが首相になった時に止められたはず。

ニュースでは、中部電力の株価が大きく下落したことを報道していますが、元気な中部地方の、多くの企業の株価の下落は報道されていません。元気な中部地方の経済が不振におちいる恐れがあります。

もしそうなると、GDPを少なからず押し下げ、復興財源になるべき税収減を招く恐れ大です。がんばろう日本どころか、復興の足を引っ張る可能性もあります。

私は、原発を推進しろと言っているわけではありません。責任をもって、政権をあずかるなら、経済を失速させず、どうやって原発離れをするか、衆知を結集し判断すべきでした。菅さんだけの知恵ではだめですよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック