Yoshihisa'sPage(韓国語雑感など)

アクセスカウンタ

zoom RSS <東京電力>原発輸出事業から事実上撤退 事故対応を優先

<<   作成日時 : 2012/06/28 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

<東京電力>原発輸出事業から事実上撤退 事故対応を優先 - BIGLOBEニュース

私は日本の原発技術の高さや、技術者の責任感などは、外国に勝とも劣らないと考えています。

東電の事故で、日本の原発は逆風のまっただ中にあります。しかし、このまま原発輸出から撤退してよいのだろうか。

問題は、二つあります。

一つは、日本の原発技術の停滞です。このままでは、優秀な技術者が海外に流出し、国内の原発運営に支障が生じるだけでなく、廃炉に向けた技術者が不足する恐れがあります。いずれも、我々国民の安全を脅かすものです。

二つ目は、日本の西側に、安全に問題のある原発が大量に作られます。一旦、事故が起きれば偏西風により、放射性物質は日本にもたらされます。こうした原発に、日本の技術が生かされる必要があります。われわれの安全が外国の手に握られていいのだろうか。

脱原発の主張は分かりますが、世界が脱原発が出来ない中では、私は首肯できません。


以下、韓国語訳。

저는 일본의 원전기술의 높이나 기술자의 책임감등은 외국에 이겨도 못하지 않다고 생각하고 있습니다.

토쿄전력의 사고로 일본의 원전은 역풍의 한가운데에 있습니다.그러나 이대로 원전수출로부터 철퇴해도 좋을까?

문제는 두가지 있습니다.

첫째는 일본의 원전기술의 정체입니다.이대로는 우수한 기술자가 해외에 흘러 나가고 국내의 원전운영에 지장이 생길뿐만 아니라 폐로를 향한 기술자가 부족되는 우려가 있습니다.모두 우리들 국민의 안전을 위협하는 것입니다.

둘째는 일본의 서측에 안전에 문제가 있는 원전이 대량 만들어집니다.일단 사고가 생기면 편서풍에 의해 방사성 물질은 일본에 가져오게 됩니다.이러한 원전에 일본의 기술이 살려질 필요가 있습니다.우리들의 안전이 외국의 손에 쥐어져도 좋은 것일까?

탈 원전의 주장은 압니다만 세계가 탈 원전을 할 수 없는 가운데 저는 수긍할 수 없습니다.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<東京電力>原発輸出事業から事実上撤退 事故対応を優先 Yoshihisa'sPage(韓国語雑感など)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる