テーマ:菅政権

外交配慮欠く唐突な原発停止

日本から原発を売り込まれた国にとっては、はしごをはずされたようなものでしょうね。 菅さんは、日本の高い原発技術そのもを否定したわけではないけどね。 あくまで対地震対策が不十分という理屈で原発を停止しただけだと反論するでしょうね。でも、相手がどう受け止めるかは、かなり慎重を要しますね。記事が言っているように。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自動車業界、木金は一斉休業 夏場の節電対策

突然の電力需給逼迫の危機に対応するため、各企業が対策をとるのは当然で、記事の内容も理解できます。 しかし、経済学には、合成の誤謬という用語があります。もし自動車産業と同じことを他の産業もすれば、土日は家庭の電力需要が高いわけで、それと合わせ、結果、土日の電力不足を引き起こすことはないのか。一部で良かれと思いしたことが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民からの入閣は今後も困難、自民幹部

自民党幹部がどなたか知れないけれど、「国民には入閣を拒否する理由が分かりづらいのだろう」との発言は国民を馬鹿にしていると思いますよ。理由は十分わかっていますよ。 さらに「今後の世論調査で『与野党で救国内閣をつくるべきだ』という意見が多数を占めたら、党内から同調する声が出てくるかもしれない」との発言。世論調査によって党の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

谷垣氏に入閣打診 非常事態に露呈した菅政権の“本質”

全く記事の内容に同意。 記事の最後の部分に「戦後最悪となった自然災害から日本が再起できるかは、ひとえに菅首相の双肩にかかっている。政局にかまけている暇はないはずだ。」との一節があります。ただ、菅首相の双肩に私たちの命をかけるのは、もはや危険すぎます。 双肩にかかっているは、韓国語では「어&#4464…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首相、谷垣氏に入閣打診も拒否される

これは民主党政権に、国家統治能力がないことを認めたと同然です。谷垣さんが断るのは当たり前。 もし、断られることを承知で、この国難に自民党が非協力的だという印象を国民に与えようとの思惑があったら、もうだめだ。菅さんは。 行政機関に30年いる私の経験から言えば、国・地方自治体など行政組織(自衛隊、消防など治安組織だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この期に及んで責任転嫁とは… 首相、東電幹部に「撤退すれば100%潰れる!」 

まったく指導者としての資質ゼロ。 確かに、東電側に問題があったかも知れない。(それも一段落してから検証すべき話。今は、復旧に全力を尽くすとき。)でも、現場の職員は、本当に命がけで作業にあたっている中で、ねぎらいの言葉もなく怒鳴るとは。 撤退の意味が分からないけれど、それだけ深刻な状況であれば、東電の現場職員を避難…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

数字ありきの首相に自衛隊混乱

政府は、自衛隊の派遣規模を2万人から5万人に拡大し、さらに、わずか1日で10万人態勢を打ち出しました。この間、記事にあるように、首相官邸と防衛省が綿密に打ち合わせをした形跡はないとのこと。 さらに、記事は、「首相が12日夜の記者会見で「さらなる動員を検討してもらっている」と明言すると、防衛省内には驚きが広がった。直前に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

与野党、予算案の早期成立で折り合わず

政府提出の当初予算案が、基本的な部分で、与野党の合意が出来ない中、民主党は政権党として、自治体でよく使う骨格予算を組み、すみやかな23年度当初予算の成立をはかるべきでは。 災害復旧予算は、時間的に、23年度当初予算(骨格予算)の補正を検討すべきです。(こちらは民主党の主張が妥当だと考えます。)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自公両党、国会の一時休会を提案へ

妥当な提案です。子ども手当、高速道路無料化などいろんな問題を含む当初予算を、大地震のどさくさで通してしまっては、長期的に日本のためにならないからです。 今、一番大切なことは、災害復旧です。菅さんには、是非、パフォーマンスに走らず、政治家というより、行政府の長たる内閣総理大臣としてリーダーシップを発揮してもらいたいと思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more